非加熱はちみつとは?

はちみつは非加熱のものがいいらしい。

という情報を目にしたり、耳に入れたりする機会が増えてきました。

私自身、なんとなく非加熱のほうが良さそう…という程度の知識しかなかったので、非加熱はちみつとはそもそも何ぞや?という疑問から調べてみることにしました。



簡単にまとめてみますと、


まず、みつばちは体温が35℃以下になると、幼虫が育たなかったり、飛ぶことさえもできなくなってしまうため、巣の中の温度を約37℃に保っているそうです。


そして、はちみつに含まれる豊富なビタミンやミネラルが壊れない温度はだいたい45℃以下といわれています。


つまり37℃~45℃程度の加熱であれば、はちみつの栄養成分をそのまま保つことができるということですが、それ以上の高温加熱だと、栄養成分はかなり壊されてしまうようです。

というわけで、重要なポイントは加熱か?非加熱か?ということではなく、「何℃で加熱しているか?」ということになりそうです。

加熱温度のことまではなかなか商品には書いていないかもしれませんが、ぜひはちみつ選びの参考にしてみてください174.png

※当社で輸入しているLe Querceのはちみつは40℃で加熱処理しています








[PR]
# by porca | 2018-06-01 13:33 | 日々