<< フランス・ベルギー 田舎巡りの旅 Ⅶ フランス・ベルギー田舎巡りの旅 Ⅴ >>

フランス・ベルギー 田舎巡りの旅 Ⅵ

e0183845_11375068.jpg
さて、車を走らせやってきたのはフランスのおへそ、オーヴェルニュ地方ピュイ=ド=ドームにあるBlot-l'Église村。周りには数件の家しかないような超田舎!

e0183845_22594566.png



e0183845_12364828.jpg

e0183845_11371563.jpg
こちらが「Huilerie de Blot ユイルリー・ドゥ・ブロ」。石臼を使い昔ながらの製法で木の実のオイルを作っている、今では大変貴重なオイル屋さんです。なんだか屋根瓦が日本風~。

e0183845_11422345.jpg
オーナーのBernard Bouleauさん。地名と名前が偶然一緒の”ブロ”さんです。職人気質だけどとても気さくなおじさん!

e0183845_11402520.jpg
中はショップ兼製造所になっていて、クルミオイルやアーモンドオイル、変わったところではポピーシードオイルなどが並びます。

e0183845_11404828.jpg
ほかにもコンフィチュールや豆類、スープなどの食材も。ブロさん手作りのヘーゼルナッツを使ったクッキーも販売中。これが風味豊かでとっても美味しい!
e0183845_0243687.jpg


e0183845_11435059.jpg
お店の奥に製造所があります。

e0183845_1145062.jpg
創業当時の1857年から150年以上に渡って使われているユイルリー・ドゥ・ブロのシンボルともいえる巨大な石臼!ものすごい迫力です。ここで木の実をすりつぶし粉々にします。

e0183845_11473795.jpg
昔は馬を使って挽かせていたんだとか!

e0183845_11453970.jpg
次に、粉々になった木の実をこの釜で加熱して焙煎していきます。火の入り具合によって風味が変わるのこの焙煎作業がとても重要だそうです。これを見極めるのがブロさんの職人技!

e0183845_11463383.jpg
そして、圧搾機にかけてオイルを搾り出します。右下にあるのはその搾りかす。搾ったオイルはいったん樽にストックして澱を沈殿させます。

e0183845_11491498.jpg
最後にボトル詰めして完成!どうですか、このシンプル・イズ・ベストな製造方法。通常この工程はブロさんがたった一人でこなすのですが、繁忙期にはボトル詰めやラベル貼りなど近所の学生さんにアルバイトとして手伝ってもらうそうです。この日も2人の若者がせっせと働いていました~。

e0183845_11414038.jpg
ブロさんおすすめの看板商品ともいえるヘーゼルナッツオイルは、お客様に試食していただくたび、あまりの風味の素晴らしさにみなさん本当にびっくりされます。(たまげる、という表現のほうが合ってるかも)。「うちはartisanaleだから」(artisanale=職人技の、手作りの、の意味)というブロさんの口癖も納得 。工場生産品には決して出せない味です。

次回は新しくピスタチオオイルも輸入する予定。とっても楽しみ!

ユイルリー・ドゥ・ブロの商品ページはこちら
by porca | 2012-03-22 18:58 | フランス・ベルギーの旅'11
<< フランス・ベルギー 田舎巡りの旅 Ⅶ フランス・ベルギー田舎巡りの旅 Ⅴ >>