カテゴリ:料理( 31 )

イカとブロッコリーのサラダ

e0183845_18233553.jpg



最近はなにかと料理にレモンの皮使うことが好きです。
できるだけワックス・農薬不使用ものを選びます。

ブロッコリーはSTAUBで蒸し茹でにして、イカはグリル。

レモンの香りのオリーブオイルをぐるりと塩をぱらぱら、つぶつぶマスタードをちょんちょんと、
最後にレモンの皮を千切りしたものを散らします。

キリッと冷えた白ワインに合う一品ができました。


::使用した食材::
インティーニ EXVオリーブオイル リモーネ
ヴェルトンヌの塩の花
[PR]
by porca | 2015-05-15 18:40 | 料理 | Comments(2)

トロピク

 ※こちらは2009年9月の記事の再掲載です。 

e0183845_1553637.jpg


この緑色の物体、『トロピク』と言います。青唐辛子にビネガー、ライム、生姜を加えてペーストにした一風変わったもの。青唐辛子が58%も入っているので、ごく少量でも激辛ですが、う~ん、言葉で説明するとどう形容したらいいのかなぁ・・・

初めて出会う味で、とにかくびりびりした辛さと、ライムと生姜が加わった爽やかで不思議な風味で、中毒性あり。はい、もちろん夫婦2人でトロピク中毒です。うふふ。


鶏肉ととっても相性が良くて、うちでは塩、胡椒して焼いただけの「せせり」にトロピクをちょいちょいっとつけて食べます。「せせり」はジューシーすごい美味しい鶏の首の部分です。でも一羽からほんの僅かしか取れないから、なかなか手に入らないのが難点007.gifなのでもちろん普通のモモ肉などでOKです。

そのほかには、マリネ液やドレッシングを作るときに加えたりして隠し味っぽく使います。
e0183845_1326152.jpg
セロリとタコのマリネ。トロピクは魚介類とも相性抜群です!


このあいだ作った鶏の唐揚げの香味ソースにトロピクを混ぜてみると、辛味が効いててこれもおいしい!香味ソースは半年くらい前に作り置きしていたやつなのでレシピはすっかり忘れてしまいましたが、代わりにポン酢に加えて使っても合いそうな気がします。今度試してみよう。
e0183845_15441050.jpg


『tropiques』=フランス語で『熱帯』の意味ですが、和食にも合うし使い方の幅がどんどん広まりそうなおもしろ食材です。


昼間は夏を思わせるほどの陽気。これから迎える暑い季節にこんな刺激的な調味料はいかがでしょう?



*今回使用した食材
コック・ノワール社 トロピク
[PR]
by porca | 2013-05-22 13:36 | 料理 | Comments(0)

~レシピ~ スペルト小麦のスープ ミネストローネ風

e0183845_1441770.jpg

書くといいつつほったらかしにしていた、
スペルト小麦を使ったスープのレシピをアップしました!!

↑上の写真がスペルト小麦。
見た目は玄米っぽいですが、小麦なんですね~。
個人的に、美味しいうえにとってもヘルシーなので文句なしの食品だと思っています。
もっと注目されてもいいのに!と思います。
スペルト小麦のうんちくについてはこちらのページで。
以下、ランチでお出ししていたレシピほぼそのままです。


- スペルト小麦のスープ ミネストローネ風 -

材料(2人分)
スペルト小麦   60g
玉ねぎ      1/2コ
にんじん     1/3本
キャベツ     大1枚
ベーコン(無塩せき) 40g
ホールトマト   200g
にんにく      1かけ
ピュアオリーブオイル  30ml
赤ワイン      100ml
水          500ml
ローリエ      1枚
         適量
胡椒        適量      
イタリアンパセリ 適量


作り方
①鍋オリーブオイルを入れて熱し、荒みじんにした玉ねぎとニンジンを炒める。
ポイント・・・少量の塩を加えると野菜の水分が抜けやすく、味も浸透しやすくなります。
       玉ねぎは焦げができるぐらいに炒めると→うま味に変わります!

②①にスライスしたニンニク→ベーコン→荒みじんにしたキャベツを順に加え、野菜の水分を飛ばすように弱火で炒める。
③②に赤ワインを入れアルコールを飛ばすように少々煮つめ、トマト缶と水、ローリエを加えて弱火で10分ほど煮る。
④③に水でさっと洗ったスペルト小麦を加えアクを取りながら10~15分煮る。
⑤塩、胡椒で味を整え仕上げにパセリを散らしてできあがり。


ホールトマトはカンポグランデ社のポモドーリペラーティという業務用缶詰(2500g)を使っています。市販のものより断然おいしいです。(取り寄せ可能です。お問い合わせください。)市販のものだとどうしても味が薄くなりがちなので、トマトペーストを足してやると味が締まります。

私は、あえて1日置いて野菜がトロトロになった頃に食べるのが好きです。
その場合スペルト小麦は別茹でにして食べる直前に加えると良いですよ。
[PR]
by porca | 2011-03-06 14:52 | 料理 | Comments(0)

豚とアサリのアレンテージョ風

e0183845_1584675.jpg

少し前に初めて食べに行ったポルトガル料理がすごく美味しくてハマっています。
魚介を使った素朴で素材を生かした料理が多くて、たこのリゾットや鴨の炊き込みご飯みたいなお米を使ったものもたくさんなところが、がっちり私のハートを掴みました。(お米大好きなので)

上の写真は「豚とアサリのアレンテージョ風」という料理。「ようこそ ポルトガル食堂へ(馬田草織著)」という本に載っていて、豚とアサリという珍しい組み合わせに興味が沸いてずっと作ってみたいと思っていたのです。アレンテージョというのはポルトガルにある地方の名前で、そこの郷土料理とのこと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
豚とアサリのアレンテージョ風(2人分)

+材料
豚ロース       200g
アサリ         200g
じゃがいも      2コ
イタリアンパセリ   適量
レモン         くし切り2コ
オリーブオイル    適量
※パプリカパウダー 大さじ2/3
※にんにくすりおろし 2かけ
※白ワイン       50cc
※塩          小さじ2/3
※胡椒         適量

+作り方
①豚ロースをひとくち大に切り、※印に漬け込んで一晩寝かせる。
②ジャガイモをひとくち大に切り、素揚げする。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、①を炒める。火が通ったら豚肉の漬け汁を加え、
そこに砂抜きしておいたアサリを入れてフタをする。
④アサリの口が開いたら②を加えてざっと混ぜあわせる。
⑤器に盛り、イタリアンパセリを散らす。
本当はパセリではなく、パクチーを使うらしいのですが、私がパクチーが苦手なのでイタリアンパセリにしました。



豚肉とジャガイモにアサリのダシがしみて美味しい!レモンを搾ると味が締まってさらに良くなります。ワインが進む・・・。

せっかくポルトガル料理ということで、ワインもポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ。微発泡のうえにアルコール度数も低くて非常に飲みやすく、これもポルトガル料理屋で飲んで以来大好きになりました。この軽さと炭酸のシュワシュワ感が暑い夏に最高です。
ぐびぐびいけるので飲み過ぎには注意・・・
[PR]
by porca | 2010-08-17 16:35 | 料理 | Comments(0)

炙りホタテ

e0183845_13581236.jpg


+炙りホタテ

材料
生食用ホタテ 4つ
ゲランドの塩 海の果実 少々
EXVオリーブオイル レモンフレーバー 少々
レモン くし切り1つ

----------------------------------------

ホタテを横半分に切って、金網に乗せ少し焦げ目がつくぐらいまで直火で両面を炙ります。このとき金網にはうすくオリーブオイルをぬっておくと張り付きを防げます。塩をパラパラ、EXVオリーブオイル レモンフレーバーをまわしかけ、最後にレモンを絞ります(酸味を足すため)。

炙ることによってホタテの旨みと甘みがぎゅっと凝縮され、そこにレモンの爽やかな香りが加わり絶妙なおいしさ!

EXVオリーブオイル レモンフレーバーは、オリーブオイルに有機栽培のレモンを皮ごと漬け込み香りだけを移しているので、酸味はなくレモンのあの搾ったときの弾けるようなフレッシュな香りが特徴。もう香りだけで食欲をそそります。お店の中で1,2を争う売れ行きの、実はものすごい人気者。

サラダのドレッシング代わりに、白身魚のカルパッチョにもとても合います。魚の塩焼きに使っても良さそう。お客様の中には炒めものの仕上げに使うという方も。もちろん我が家にも1本常備しております。

食欲が停滞気味の夏にもおすすめのオリーブオイルです。
[PR]
by porca | 2010-05-29 14:34 | 料理 | Comments(4)

セミドライトマトとサラミのサンドイッチ

e0183845_16382352.jpg


休日の朝昼兼用食。



セミドライトマトとサラミのサンドイッチ

+材料+
白パン(もちろんバゲットでも)
サラミ
セミドライトマト
クリームチーズ
ルッコラ


適当にはさんで完成。

このセミドライトマトですが、糖度の高いチェリートマトを乾燥させてハーブ類とともにオイル漬けにしてあるのですが、本当に甘くておいしいのです!
セミドライなのでやわらかいしフレッシュ感も抜群。
そのままおつまみにと思って食べ始めると止まらなくなるので要注意です。

サンドはトマトの甘みとサラミの塩気が合わさってイイ感じです。
サラミの代わりに生ハムでも絶対おいしいと思います。
[PR]
by porca | 2010-05-12 17:12 | 料理 | Comments(2)

焼きそら豆

e0183845_23384843.jpg


+焼きそら豆

鞘ごとオーブントースターに入れ皮に焦げ目がつくぐらい(10分~15分ほど)焼きます。
できたてあつあつの皮をむいて、塩をちょんちょんとつけてほおばると、

あ~~しあわせ っとなります。


塩が重要ですので、ぜひ良いものを使って下さいね。
甘くてホクホクで一番お気に入りの食べ方です。
[PR]
by porca | 2010-05-10 23:54 | 料理 | Comments(0)

鶏のグリル アンショワイヤード

e0183845_2081132.jpg


お店に新しくアンショワイヤードという商品が入荷したので試しに料理してみました。


アンショワイヤードとは、
いわばアンチョビペーストのことですが、オリーブやニンニクが入っていて南仏料理のソースの基本となるものだそうです。


ふむ。

とりあえず鶏モモ一枚肉にぬって焼いてみる。

皮の部分に均一にぬって、裏面には塩を少し振ります。
あとはフライパンで皮のほうからこんがり焼いて、パリっとするように火を通していきます。

加熱したせいでアンショワイヤードの香りがちょっと控えめになったかも?けど味に深みがでてなかなか美味しい仕上がりになりました。アンショワイヤードの塩分がけっこう高いなと思って塩を控えめにしてしまったけど、両面振っておいたほうが良かった・・・途中で塩を足しながら食べることに。

鯛とかの白身魚をグリルしたり、温野菜にディップしてもおいしそうです。
[PR]
by porca | 2010-03-30 20:12 | 料理 | Comments(10)

une salade

e0183845_2110384.jpg


海老のサラダ 種入マスタードドレッシング(約2人分)

海老・・・6尾
キュウリ・・・1/2本
セロリ・・・1本
パプリカ・・・1/3コ

+ドレッシング
EXVオリーブオイル・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・小さじ2
種入りマスタード・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1~お好み
塩・・・少々
胡椒・・・少々
レモン汁・・・少々(なくても可)


ドレッシングの材料をすべてボウルに入れてオイルが乳化するまで混ぜます。そこにボイルした海老と、角切りにした野菜を入れてドレッシングと和えます。冷蔵庫で30分ほど寝かせてできあがり。

マスタードがピリっといい味だしてくれます。しかもこの種入りマスタードはそんなに辛くないのでとにかく使いやすい。食感もぷちぷちで楽しい。
うちは夫婦2人とも酸味が強いのが苦手なので、ビネガーは控えめにしています。

ちなみに白ワインビネガーは日本のお酢で代用できます。
むしろ米酢とか穀物酢のほうが味がまろやかになるかも。
[PR]
by porca | 2010-03-23 21:13 | 料理 | Comments(0)

キウイ

e0183845_12485178.jpg


今のこの季節、キウイジュースがお気に入りです。
生で食べるより酸味がまろやかになっておいしい気がします。


完熟キウイ・・・1コ
小松菜・・・葉の部分5枚ぐらい
飲むヨーグルト・・・150ccぐらい


これをミキサーにかけて一気飲み。
小松菜は入れなくてもオーケーですが、栄養摂取量upのため。
あまりクセがないので飲みやすいです。
[PR]
by porca | 2010-03-18 13:21 | 料理 | Comments(0)