<< イタリア・プーリアを巡る旅 1 ピクニック >>

トロピク

 ※こちらは2009年9月の記事の再掲載です。 

e0183845_1553637.jpg


この緑色の物体、『トロピク』と言います。青唐辛子にビネガー、ライム、生姜を加えてペーストにした一風変わったもの。青唐辛子が58%も入っているので、ごく少量でも激辛ですが、う~ん、言葉で説明するとどう形容したらいいのかなぁ・・・

初めて出会う味で、とにかくびりびりした辛さと、ライムと生姜が加わった爽やかで不思議な風味で、中毒性あり。はい、もちろん夫婦2人でトロピク中毒です。うふふ。


鶏肉ととっても相性が良くて、うちでは塩、胡椒して焼いただけの「せせり」にトロピクをちょいちょいっとつけて食べます。「せせり」はジューシーすごい美味しい鶏の首の部分です。でも一羽からほんの僅かしか取れないから、なかなか手に入らないのが難点007.gifなのでもちろん普通のモモ肉などでOKです。

そのほかには、マリネ液やドレッシングを作るときに加えたりして隠し味っぽく使います。
e0183845_1326152.jpg
セロリとタコのマリネ。トロピクは魚介類とも相性抜群です!


このあいだ作った鶏の唐揚げの香味ソースにトロピクを混ぜてみると、辛味が効いててこれもおいしい!香味ソースは半年くらい前に作り置きしていたやつなのでレシピはすっかり忘れてしまいましたが、代わりにポン酢に加えて使っても合いそうな気がします。今度試してみよう。
e0183845_15441050.jpg


『tropiques』=フランス語で『熱帯』の意味ですが、和食にも合うし使い方の幅がどんどん広まりそうなおもしろ食材です。


昼間は夏を思わせるほどの陽気。これから迎える暑い季節にこんな刺激的な調味料はいかがでしょう?



*今回使用した食材
コック・ノワール社 トロピク
[PR]
by porca | 2013-05-22 13:36 | 料理
<< イタリア・プーリアを巡る旅 1 ピクニック >>